HARCOさんツアーにオープニングアクトで出演します

HARCO Last Tour 2017 「あらゆる方角へ」

シンガーソングライターのHARCO(ハルコ)さんの2017年のツアーに

オープニングアクトとして出演することが決まりました。

HARCOさんは私が学生のときにCDを買って友人と聴いていたんです。

そのHARCOさんが栃木でライブを行うと聞いて何年か前に那須へ聴きに行きました。

とても素晴らしいライブに感動しました!

(その時のオープニングアクトはみぇれみぇれ時代のオツベルさんでした。)

そして今回は光栄にも私がオープニングアクトをつとめさせていただきます。

来年からは本名の青木慶則での活動になるためHARCOとしてのラストツアー。

ぜひこの機会にHARCOさんの素敵な音楽を楽しみませんか?

皆様のお越しをお待ちしております!

 

■10/29(日)那須塩原TorittOcca(トリットオッカ)
http://torittocca.wixsite.com/torittocca
17:00 OPEN / 18:00 START
前売 3,000円 / 当日3,300円(ドリンク代別)
未就学児童は無料。小学生料金:前売・当日 1,500円
Opening Act:沼尾妙子 https://numaotaeko-yoruniyoseru.jimdo.com/

<チケット予約>
8/27(日)より予約受付
・TorittOccaにて電話予約受付。
TEL 0287-74-3374(月-日 11:00-15:00、土・日 17:00-22:00) 
・HARCOオフィシャルHPでのメール予約

<メール予約方法>
office@harcolate.com」あてに
件名を『ライブチケット予約』として「御希望日&会場、お名前、枚数、ご連絡先」を

明記の上、メールをお送り下さい。チケット引換方法などをこちらから御連絡致します。

※未就学児童を同伴される方はその旨もご連絡頂けると安心です。
※入場に際しては当日のご来場順となります。

 

また、私の方でもご予約受付できますので、

https://numaotaeko-yoruniyoseru.jimdo.com/contact/

上記のフォームからメッセージをお送り下さい。

<お問い合わせ>
TorittOcca 0287-74-3374

〒329-3152  栃木県那須塩原市島方457-11

https://goo.gl/maps/f118LV6TaH22

 

■HARCO

http://www.harcolate.com/

 

沼尾妙子ソロライブ「天の川と星の歌」のお知らせ

沼尾妙子ソロライブ「天の川と星の歌」のお知らせです

 

 

今年初めてのソロワンマンライブが決まりました。

宇都宮市上大曽町に1年前にオープンしたカフェ

「コム・ラ・ボア・ラクテ」さんでのライブです。

久々のソロライブはDTMで制作した楽曲に合わせてアコーディオンや

トイピアノなどで弾き語りをする予定です。

「コム・ラ・ボア・ラクテ」とは「天の川のように」を意味します。

『星たちが集まっているように 人々が集まり 人との繋がりを大切にできたらと・・・』

というコンセプトの素敵なお店で、星や月の歌をうたいます。

初秋の夜、天の川に集まりませんか?

 

2017/10/7(土)

open18:00  start 18:30

¥1500+要1order

コム・ラ・ボア・ラクテ 

宇都宮市上大曽町341−1

☎︎028-625-3408

https://yonpako.jimdo.com/comme-la-voie-lactee/

 

 

駐車場はお店横に3台分と、近くのコメリさん駐車場もご利用できます。 

 

ご予約・お問い合わせは店頭かお店のメールまでお願いします。

commelavoielactee@gmail.com

また、私のサイトのcontactページからも受付しています。

https://numaotaeko-yoruniyoseru.jimdo.com/contact/

 

皆様のお越しをお待ちしております!

「Luminous Shadow」MV制作編

前回の記事『「Luminous Shadow」楽曲編』の続きです。

 

そんなわけで、MVをつくろう!ということになり、コバヤシさんは

お忙しいので、私が全部つくります!と宣言!

頼るはiPadに入れた動画アプリ。ノスタルジー風に撮れるアプリで

なんてことない風景が素敵になる非常に優秀なアプリです。

そして、撮影場所として使わせていただいたのが、いつもお世話になっている

studio bacoさん。そしてATELIER n°18 TRAVAILさん、古道具あらいさん

Le Poulailler (ル プライエ)さんです。

どのお店も宇都宮にあり、しかも自宅から近い場所なんです。

今回は同郷であるコバヤシさんとのコラボということで、なんとなく宇都宮だけで

撮影したい思ってました。(一部、東京の映像もありますが。タチアナのライブに

行った時に少し撮りました。)

 

studio bacoさんは色々なバンドがMVを撮影している人気の場所なんです。

撮影のことを相談したら、いつでもどうぞ!と快諾していただき、しかも

iPadのスタンドも貸して下さったので、固定カメラで自分を撮ることも可能に。

素敵で素晴らしいセンスのbacoさんでの撮影。

お店の中はよく知っているので頭の中の絵コンテ通りにサクサクと進みました。

 

そして、ATELIER n°18 TRAVAILさん、古道具あらいさん、Le Poulaillerさんは

同じ敷地内にある雑貨店、古道具店、フランス料理店です。

こちらはいきなりお店に行って撮影のお話をさせていただいたのですが、

「こんなところでよかったら!」と、またまた快諾していただきました。

フランス料理店のLe Poulaillerさんはお休みだったのですが、あらいさんが

「全然!大丈夫っすよー!!」といった具合(笑)

奥様は「ここを思い出してくれてありがとうございます!」なんて逆にお礼を

言われてしまって、もう本当に素敵な人たちで感激しました。

こちらも、どこを切り取っても素敵な映像になってしまう素晴らしいお店。

お言葉に甘えて、じっくり撮影させていただきました。お店の中で撮ったり

外で撮ったりウロウロしすぎでスミマセンでした(笑)

お店の北側にはまだ刈り取る前の麦畑があって、なんてラッキーなの!

固定カメラで撮っていたら、あらいさんが撮りましょうか?と。

このMVで唯一、人に撮ってもらった場面です。笑ったのは、あらいさんが

「ここで撮ったらナウシカになれますねー」と言ったこと。

王蟲にありがとうと言いながら撮ってもらいました。

風のある日だったので、麦が揺れてきれいでした。

 

お仕事中のあらいさん。

こんな素敵なお店にご協力いただき幸せものです。皆さんありがとうございました!

 

他には最寄り駅だったり、近所のデパートの屋上や国道などで撮影して、とにかく

素材を集めようと頑張りました。簡単なテスト動画を作り、コバヤシさんに送って

イメージが合うかチェックしていただきOKをもらいました。

そしてコバヤシさんにも自分が映ってる動画を送ってもらいました。

そう、コバヤシさん映ってるんですよ。ご本人のリクエストで一瞬だけなんですが(笑)

素材がそろったので、あとは編集作業。映像制作はまったくの素人ですが自分なりに

進めていきました。DAWソフトを使うような感覚で作れるのが楽しかったです。

 

出来上がったMVをコバヤシさんに観ていただき...ついに完成!!

MV制作もあっという間に出来てしまった気がします。自分の中では7月に公開

できたら、くらいに思ってたのですが思ったよりも、とても早く完成しました。

 

 

コバヤシさんには「編集点が潔くて良いです!」と言っていただきホッとしました。

この曲、広がりがあってアンビエント風にも聴こえますが、コバヤシさんのつくる

ビートによりキッチリと重心があって、滞りなく進んでいく曲なんですね。

そこがまた気持ちが良い曲なので、それに合わせてバツン!バツン!と切って繋いで

いく映像が合っていると思い、このようなカタチになりました。

 

公開すると、たくさんの方にお褒めいただき、やっぱり作って良かった!と思いました。

初夏、梅雨の季節にとても合うとのご意見も多数寄せていただき、この思いつきと行動は

自然な流れだったのだなーと感じています。

原曲を冬の寒い時期に繰り返し聴いて体にしみこませていたのですが、その頃はまだ

アレンジが浮かばなく、先月突然湧いてきたのは、この季節のせいなのかもしれません。

撮影も、もう明日あさってくらいには梅雨入りするかも、という時だったので、急いで

撮りました。おかげできれいな夕日や空が撮影でき、夜の空も雲がなく、こんなカメラでも

月がきちんと映ってくれて、間に合った!という感想です。

 

自分としては、私映りすぎかな・・・という気がしているんですが

友人には「タエナルファンにはたまらない映像だ!」と言われ、じゃあいいかなという

気持ちでおります、はい(笑)

 

初めてのMV制作。とても楽しかったです。もっと観たいとの声がたくさんあるので

自分のソロ楽曲でも作ってみたいなと思いました。

たぶん、機材や使うアプリは同じだと思いますが(笑)

このスタイルをつらぬくのも悪くないと考えています。

 

是非たくさん観て下さいね!!

 

また改めて曲について記事を書くかもしれません。気長にお待ちください。